世界樹の迷宮3は今でも繰り返して遊んでいます

DSというのは自分が学生時代に流行ったこともありとても良いソフトが多く、友人の間でも様々に攻略の話や物語などの話などをしたことが思い出せます。
現在は3DSなどが主流ですが今でも遊べるソフトがたくさんあって、それで久しぶりにまたやっているDSソフトには世界樹の迷宮3があります。
こちらはアトラスさんから出されているシリーズものであり、3DダンジョンRPGで有名なこの会社がDSのタッチペン機能を最大限に生かして作られたソフトとなっています。
その最大の特徴としては何と言っても下画面にタッチペンで自分流の地図を描いて冒険をするという点にあるでしょう。
RPGと言ったらなんといってもマップなのですが、それを自分で描けるという点はまさに冒険をしている感がとても高まるので、この点も非常に気に入っている点です。
そしてもう一つアトラスのRPGということで難易度も非常によくできているものであり、中々に手ごたえがある難しさなのも気に入っています。
またこのシリーズでは初めてサブクラスが搭載されたということもあり、スキルビルドがとても楽しいのもこの作品を何度でも遊べる作品としているでしょう。
音楽も豊富なクエストも大航海マップも、そのすべてがボリューム沢山なゲームとしておすすめです。