思い出のファイナルファンタジー10

私が好きなPS2ソフト「FF10(ファイナルファンタジー)」をご紹介したいと思います。
かの有名なゲーム、ファイナルファンタジーの初PS2作品になります。あまりも有名で、説明不要な定番タイトルですが、どうしても名前をあげずにはいられません。
私が初めてFF10に出会ったのは、友人の家に遊びに行った際、友人のお兄さんが買ったばかりのFF10をプレイしていたのがきっかでした。
あのCGを初めてみた瞬間、私はこのゲームの虜になりました。
当時、任天堂64までしか知らなかった私には、FF10に出て来る登場人物の映像があまりにも綺麗で、そこで繰り広げられる映画のようなストーリーに釘付けになったことを今でも覚えています。
自分はゲームをしていないのに、人がプレイしている映像を見るだけでも面白かったのです。
そして、ゲーム内に出て来る召喚獣を呼び出したときのワクワク感といったらもう堪らなかったです。
それから、自宅ではPS2を買ってもらえないことが分かった私は、学校から帰ってきてはFF10を持っている友人の家に行き、自分はやらずに人がプレイしている映像をずっと見ていました。
そのため、ストーリは途切れ途切れで理解できませんでしたが、ストーリーの途中に出て来るCGムービーを見るのを楽しみにしていたのです。
特にお気に入りのムービーは、ユウナというヒロインのキャラクターが、敵勢力の男と結婚式を挙げることになってしまい、そのヒロインを主人公とパーティーメンバーが飛空艇に乗って助けに行くシーンです。
好きすぎて、そのムービだけ何度もみました。その後、FF10が発売後2年がたって我が家にもPS2が遂にやってきました。初めて購入するゲームに選んだのは、もちろんFF10でした。
私にとっては、忘れられない1枚となっています。