骨のあるゲーム真魂斗羅

すっげぇよなコナミ…老舗メーカーの底力を見せられました。ときメモ、メタルギア、ビートマニア、ラブプラス…コナミが初めから高い完成度で作ってその後の作品を追従させてしまった定着させてしまった新機軸のゲームって凄い多いですわ今考えて見ると。常に新しいゲームの可能性を模索し、かつ完成させてる革新する力は舌を巻くばかり。その一方でこうした対極に当たる言わば保守、古きよきゲームをしっかり作れるってのはどんだけ懐深いのかと感嘆を禁じ得ず。

とにかく横スクロールアクションとして物凄く硬派。できることは発砲、ジャンプ、武器切り替え、溜め撃ち、以上。パワーアップすらないという。難易度も高く、死んで覚える仕様。根性なしは帰れと言わんがばかり。

しかしながら最適な装備を探し、最適な位置を取ればしっかりと先に進む。反映の効率は極めて悪いものの、打ち込んだ分が結果にきっちり反映してくれる。あれだけ難しかったステージを調伏したという達成感は計り知れず。あぁ昔アクションゲームってこの達成感欲しさにやってたなぁとしみじみ。

PS2の性能はどこにいったかというとグラフィックですな…コントラシリーズの持つグロテスクな世界観が芸術レベルでCGに起こされてます。見てるだけで楽しい。や、気持ち悪いことは悪いのですが。

惜しむらくは難易度が高過ぎるせいでそうした世界観などを楽しむ余裕が失われてる部分ですな…私のコントラシリーズ最高傑作がスーファミのアレなので…様々な連携のバリエーションを楽しむ部分がとてもできない難易度だというのには若干残念な部分も。まぁ好みの範囲で収まる範囲、とは思うのですが。

根性なしお断り。骨のあるゲームをやりたい方は是非。