いまさらエンドオブエタニティをレビュー!

エンドオブエタニティをプレイしました。世界観は何らかの原因によって地上世界は荒廃し大気は汚染され、環境の変化に対応できなかった人間はバーゼルと言う高い塔のような機械の中で生活しています。

バーゼルの中には街、発電所、鉱脈等の施設もあり、最上層にはバーゼルを統治するカーディナルという組織が住んでいます。この世界ではゼニスと呼ばれる機械によって寿命が定められていて、その定められた寿命に抗う研究をしている施設があります。キャラクターは、カーディナルの元軍人で現在はPMFという相応の報酬と引き換えに戦闘他多種多様な仕事をしているヴァシュロン。

施設育ちである事件を起こし現在はヴァシュロン家で居候をしているゼファー。研究施設で育ち20歳で死ぬと定められている事を知ってしまい、自殺しようとしてゼファーに助けられ同じくヴァシュロン家で居候のリーンベル。物語はこの三人を軸に進んでいきます。

戦闘システムは、爽快感のあるハンドガンやマシンガン、爆弾を投げたりして敵を倒します。銃は多種多様なパーツがありカスタマイズ可能です。衣装も豊富で服屋で買ったり宝箱から手に入れたりして様々なコーディネートを楽しめます。

難易度は高めのゲームですが、クリアできないという難しさではないですし、世界設定やストーリーが面白いゲームでした。